Gutenberg ブロック間の余白は、スペーサーボタンで簡単に…

パソコン Wordpress

こんにちは。管理人の berry です。「berry105」のブログに訪れてくださいまして、ありがとうございます。

前回、段落スペースは、再利用で使いまくり…という記事を書いたばかりなのですが…、Gutenberg機能に、ブロック間の余白を作成できるボタンがあることに気づきました。


Gutenberg ブロックエディターを使い始めました。

一般的なブロックエディターの使い方、cocoonのブロックエディター使用方法について、機能や設定についてご紹介します。


ブロック機能にある、「スペーサー」


ブロック機能にある「スペーサー」とは、ブロックとブロックの間に余白を作る機能です。

スペーサーの使い方は、機能メニュー欄にある「レイアウト要素」をクリックして、スペーサーをクリック。すると、ブロック間に余白を作成することができます。


再利用ブロックで、自作スペースを作った私って…?


前回、再利用ブロックの説明記事に… 書いたことがとても恥ずかしい…(;’∀’)


これを解消すべく、再利用ブロックで、理想的な段落スペースを再利用ブロック設定。
見出しと段落の間や、画像と段落の間、またブログカードと段落の間などなど、設置した結果、ブロック間の段落スペースが均一化されて、スッキリしたコンテンツになったと思いました。
これで、段落スペースの乱れがなくなり、大満足です(‘ω’)ノ

Gutenberg ブロックエディタ 再利用ブロックを使いまわす


とても原始的な行動をしていたにも関わらず、自慢げではないけれど、意気揚々と書いてしまいました(;´Д`)…ひ~。

…ということは置いておき…。自分の作成した再利用ブロックと、スペーサーは同じ機能でした。


自作スペースより、スペーサーは縦幅が思った以上に広い?


berry
berry

ですが…。


でしたが、ブロック間余白を、「スペーサー」で作成した場合、余白感が思ったよりも、広い感覚でした(‘ω’)。

なので…、やっぱり?!自分が作った余白を利用したいと思います…(;^ω^)。おほほ…。


多機能すぎるGutenberg機能


ということで、気を取り直して(*’ω’*)汗

Gutenberg機能を使いこなしていない私は、すべての機能をチェックしてみることにしました。


cocoonのGutenberg機能の設定もかなり多めなのですが…。Gutenberg機能だけでも、機能が充実していることが分かりました。

全機能の表作成をして記事を書いておられる方を発見しました。また、これからこの機能はいいんじゃない?と思うものは、紹介したいと思っています。

でも、とりあえずどんな機能があるかの一覧表があると便利…。

という人は、こちらの記事を参考にされてみてください(*’ω’*)

【2019年最新版】Gutenbergの使い方!WordPress初心者でもわかる図解あり
WordPress5.0から正式採用された新エディター「Gutenberg」。 Gutenbergでは画像・動…


   にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ

Wordpress
この記事を書いた人
berry

2019年、現在アラフィフで外でパートを再開した主婦です。ブログ執筆歴は長く、Wordpressは4年ほどになります。

最近、海外ドラマをAmazonプライムで観まくっています。主人にそそのかされてモンストも少々。アニメは名探偵コナンが好きで、漫画はのだめカンタービレがお気に入り。

ブログの副収入10万円夢見るようになりました。

berryをフォローする
berry105

コメント