Gutenberg ブロック「段落」機能簡単説明します

パソコン Wordpress

こんにちは。管理人の berry です。「berry105」のブログに訪れてくださいまして、ありがとうございます。

今回は、Gutenbergブロック機能内にある一般ブロックの「段落」の紹介です。


Gutenberg ブロックエディターを使い始めました。

一般的なブロックエディターの使い方、cocoonのブロックエディター使用方法について、機能や設定についてご紹介します。


一般ブロック内の「段落」って?


一般ブロック内に設定されている「段落」は、ブロック内で文章を作成するときに用いる機能です。

ただし、毎回文字入力する際、毎回「段落」を選択する必要はありません。基本的には、新しいブロックに移行した後、文字入力するだけで、文章作成できます。

どんなときに使用するかというと、ブロックとブロックの間に、後から文字入力する必要がでたときなどに、「段落」機能を使うことがあります。


「段落」機能の設定方法


段落設定方法について、説明したいと思います。

① +ボタンをクリックします。


+ボタンは、3カ所設定あり、一つ目は上部ツールバー、2つ目はブロックのすぐ下、3つ目は新しいブロックを設置する当たりの左横です。



② ブロックメニューが表示されます。この中の「一般ブロック」をクリックすると、「段落」が表示されるので、「段落」を選択クリック。


一般ブロック内に設置されている「段落」機能の画像
一般ブロック内に「段落」は設置されています。


「段落」は、おそらく誰でも頻度高めなブロック機能になりますので、使い続けていると、よく使うものに表示されますが、基本的には「一般ブロック」内に「段落」が設置されています。


ブロックエディターメニューのよく使うものの画像
頻繁に使う機能は、よく使うものに表示されます。


③ 「段落」を選択すると、文章作成機能が使えます。


まとめ


慣れるまで、イライラしがちなブロックエディターの「段落」機能ですが、慣れてくると、逆にブロックエディターの便利さが手放せなくなり、イライラすることもなくなるかと思います。

という私自身、まだまだ、ブロックエディターでコンテンツを作成するのに、時間がかかります(;^ω^)。
…でも、今までなかった機能がたくさんあるため、毎回、面白可笑しく(?)使用しています。



順番に、ブロックエディターメニューの紹介をしていきたいと思っています。ということで…次は、見出しについて紹介します。


これから、ブロックエディターを使おうという人や、使い始めた人に少しでも役立てればいいな、と思います(‘ω’)ノ


おまけ的な…感じの紹介ですが汗


WordPressの使い方をマスターするなら、本を読んで勉強するのもありかもですね。

私は、断然本を読むときは、kindle派です。なぜかというと、購入してすぐ読めるということと、それから、書物を持たなくて済むためです(;’∀’)…昔は、本ばかり購入していた人なのですが…。

それに、Kindle Unlimitedに登録しているため、多くの本が読み放題だから?といっても、そうでない場合もありますけれどもね(;^ω^)


ということで、今回はkindleの、Wordpressの本を探しました。

こちらは、読み放題ではなかったのですが、シリーズ化されている中での第4弾です。気になる人は、チェックしてみてくださいね(*’ω’*)



kindleをまだ持っていない人には、kindle タブレットがおすすめかもしれません。
小説を読むなら、kindle ホワイトペーパーです。



漫画や、プライム映画も楽しみたい人は、kindle fire。(モンストなどのサブ機にも愛用されています。)
我が家では、この夏?80代の父がタブレットが欲しいということで、kindle fireを選び購入しました。

タブレットは、ずっとiPadのみだったため、使用する前、不安でしたが、日本語設定さえすれば、iPadより簡単に使えることが分かり、安心しました(‘ω’)ノ

父のみならず、母も楽しく使っています。


   にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ

Wordpress
この記事を書いた人
berry

2019年、現在アラフィフで外でパートを再開した主婦です。ブログ執筆歴は長く、Wordpressは4年ほどになります。

最近、海外ドラマをAmazonプライムで観まくっています。主人にそそのかされてモンストも少々。アニメは名探偵コナンが好きで、漫画はのだめカンタービレがお気に入り。

ブログの副収入10万円夢見るようになりました。

berryをフォローする
berry105

コメント